☆ フランスでもお雛祭り! ☆

寒いながらもお天気が良い日が続いております、こちらロレーヌでございます。

風は冷たいけれども、日差しは春らしくなってきたな~と思っていたらもう三月!!
毎日がバタバタと慌ただしく過ぎて行きます。。。

先週の木曜日、3月3日は桃の節句でしたね。
去年の初節句には間に合わなかった我が家の長女SAYAのお雛様。
今年は日本の私の両親と祖母がSAYAの為にとお雛様を買ってくれ、お店の方がフランスまで送ってくださいました!

お雛様のお披露目も兼ねて、一緒に桃の節句をお祝いする為に相方の両親が車で10時間掛けてナンシーまで来てくれ、週末にかけて一緒に過ごしました。

↓ こちらがSAYAのお雛様。

画像



日本の実家にある私の昔ながらの大きな7段飾りの雛人形に比べたら随分と小ぶりな3段飾りですが、雰囲気は十分出ています。
こじんまりとしているけれども、飾り段のワインレッドがくっきりとしてSAYAのお部屋のピンクの壁紙にも良く映えています。
それにお人形さまの顔がすっきりしていて綺麗なのも私は気に入っています。
初めて見る日本の雛人形の美しさに義母はすっかり魅せられていました。

3月3日当日は相方は平日なので日中はもちろん仕事で不在したが、私は朝から頑張って散らし寿司やケーキ作りと忙しく過ごしました。

SAYAのお部屋のお雛様の前にPCをセットし、日本の両親とスカイプをつないで、しばし桃の節句を一緒に楽しみました。
お雛様を買ったお店にいただいた羽織を着せて、すっかり日本女児のようになったSAYAです。

画像


   ↑ お供えの雛菓子を狙うSAYA。

最近では歩くのもすっかり上手になり、ひと所にじっとしていられないSAYA、部屋の中をそこら中歩きまわってなかなかPCカメラの画像の中に納まっていてくれません。。。。

画像


   ↑ お供えの雛菓子をちゃっかり手にしてにんまり。

夜は相方も帰宅し、みんなで散らし寿司とケーキを食べてお祝いしました。

画像


   ↑ 大人用のお雛様ケーキ。

SAYAは先月の節分の際に離乳食で巻き寿司を作ってあげたのですが、あまり気に入ってくれなかったので今回はお寿司は無しで普段通りのご飯でしたが、ケーキはSAYA専用のを作ってあげました。

画像


   ↑ SAYA用のお雛様ケーキ。

とっても嬉しそうにケーキを眺めていたSAYA。
飾りのお雛様の頭の部分は食べさせられませんでしたが、残りの部分は全て完食!
作った甲斐がありました~。

日本の両親、祖母がいろいろと小包を送ってくれたお陰でフランスでも楽しい桃の節句を迎える事が出来ました。
SAYAもここまで元気に育ってくれ、日仏の家族でお雛祭りをお祝いで来た事に感謝です。

来年はSAYAももっと色々な事が分かるようになって、お雛祭りをより楽しんでくれる事と思います。







こどもとはじめる季節の行事 (親子のじかん 1)
自由国民社
織田 忍

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by こどもとはじめる季節の行事 (親子のじかん 1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ベルメゾンネット

"☆ フランスでもお雛祭り! ☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント